飛森谷戸の自然を守る会

トピックス

20161030 脱穀

2016年11月 3日 01:42  高木
10月30日 くもり
参加者:こども40名約弱 大人30名ほど。
今回は、2団体の子供たちが参加してくださいました。
 
一週間前の23日に稲刈りをし、天日干しした稲の脱穀です。
稲穂から稲を外す作業のことです。
千歯扱きでの脱穀体験と脱穀機での体験を行いました。
脱穀機は、多摩区で開発された?
昔は千歯扱きで手作業だった?いろんなことがわかりましたね。
脱穀のほかに、サツマイモ堀り、大根の抜き菜作業も行って土産もできました。
こっちのほうが楽しかった?
 
脱穀の結果ですが
もち米 136.75Kg
うるち米 69.25Kg
精米すると約半分になってしまいます。
それでも今年は多い?かなぁ。防鳥ネットのおかげ!!!
 
11月に入って精米して、完了です。
 
お米が出来るまでって大変でしょう。残さずに毎日ご飯も食べてくださいね。
 
参加いただきました皆様、ご苦労様でしたm(_ _)m。
またの機会にぜひお参加ください。
 
飛森谷戸の自然の守る会の広告
定例作業は、毎月第2日曜日の9時から行っていますので、こちらもぜひ参加ください。

 
◆写真集
♪脱穀の準備
 IMGP0008.JPG  IMGP0014.JPG
 
♫集合と説明
IMGP0010_01.JPG  IMGP0018_01.JPG  
 
♫体験開始
IMGP0024_01.JPG  IMGP0025_01.JPG
 
♫サツマイモ堀とだいこんの間引き
IMGP0027_01.JPG  IMGP0028_01.JPG  IMGP0033_01.JPG  
 
IMGP0045_01.JPG  IMGP0047_01.JPG  IMGP0058_01.JPG  
 
(^^♪いかがでしたか
IMGP0060_01.JPG  IMGP0062_01.JPG  IMGP0064_01.JPG  IMGP0065_01.JPG
 
来年のための、種もみを作ったり、稲架掛けを片づけたり
脱穀といってもそれだけの作業ではないんですよね。
きれいに片付いた田んぼ。来年も宜しくです。
 
その他の写真は、『ココ』からどーぞ。
※上記のリンクは2016年12月05日まで有効です。
※携帯電話からはご利用いただけません。