飛森谷戸の自然を守る会

活動

nakama.jpg

当会は平成8年、当時進められておりました「宮前区区づくりプラン」の主旨に応えるべく緑のボランティア団体として発足しました。 年会費&会則が無い珍しい団体ですが、緑を大切に残して行こうと云う共通した認識の下にいろいろな方々に参加協力頂いています。

毎月第2日曜日が定例の作業日になっており、里山づくりとして下草刈り、川掃除、ゴミ拾い等々手入れを行っております。 また、TONMORlKlDSでは子供達の森遊びとして木登りや自然観察会等の森の楽習会を不定期に行っています。

kids.jpg

キャッチフレーズ

《太陽と水と大地の恵み 自然を大切にしよう!!》
自然の恵みである光(太陽)や森(雑木林)の恵みの水、そして大地を大切に思う気持ちを持つ事が里山づくりの基本だと思っています。

モットー

《知覚動考》 ともかくうごこう
まず身体を動かす事が緑のボランティアには大事です。知識を得たり覚えたりしたら、考え込んでしまう前に行動をおこし、 その結果について考えていく事の方が里山づくりには大切な事だと思います。
《頑張り過ぎない運動》
緑のボランティア活動は里山の維持管理も大切ですが、森に来てふれ合う事で心や身体を癒すことが重要な事です。 時間を決め、どこまでの範囲を作業すると云うことではなく、自分にあった作業をし適当に休みながらやる事が大切で、 ボランティア活動で怪我をする必要はありません。
《活動場所》
神社跡地:〒216-0026 川崎市宮前区初山1丁目17番地
    集合場所:初山幼稚園車庫前